top of page

<2024年度 補助金ガイド>自動車整備業界向けの補助金も解説

更新日:4月25日


【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


自動車整備 補助金 支援

政府や公共団体から提供される補助金は、特定の産業活動や社会的目的を奨励し、経済的支援を行う重要な財政政策です。

特に自動車整備業界においては、補助金が技術革新、事業の再構築、さらには経済の持続可能性向上に貢献しています。

これらの補助金を活用することで、業界内の小規模から中規模の事業者も大きな発展の機会を得ることができます。



[補助金の例]

補助金は多岐にわたり、事業の内容や規模に応じて選ぶことができます。

当社に相談の多い代表的な補助金の例は以下のようなものがあります。


事業再構築補助金:

新たなサービスや事業に進出するために必要な建物や設備等の経費を補助する補助金。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援する制度です。


ものづくり補助金:

中小企業や小規模事業者等が取り組む、画期的な製品やサービスの開発、生産プロセスの省力化に必要な設備の経費を補助するもの。

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、 賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、支援する制度です。


小規模事業者持続化補助金:

小規模事業者持続化補助金(=持続化補助金)は、小規模事業者が自社の経営を 見直し、自らが持続的な経営に向けた経営計画を作成した上で行う販路開拓や生 産性向上の取組を支援する制度です。


[補助金の選定基準]

補助金を受けるためには、補助金それぞれに設けられた基準を満たす必要があります。

会社規模や業種、実施する事業内容や投資内容などから確認が必須です。補助金によっては、売上の減少要件や賃上げの要件など、補助金の目的に沿った基準が設けられている場合もあります。

以下の記事も参考にしてみてください。


[申請方法]

補助金の申請は、一般的には以下のような流れで申請の準備を進めます。

  1. まずは応募条件など適性の確認: 自社が補助金の条件に合致しているか確認します。

  2. 申請書類の準備: 必要な情報と計画書などの書類を用意します。

  3. 提出とフォローアップ: 申請書類を提出し、必要に応じて追加情報を提供します。

[成功のポイント]

補助金の応募にあたっては、補助金制度の目的の確認と自社が補助金をどのように活用できるかを明確にしていくことが重要です。

また、具体的なビジネスプランや収益計画を立て、事業計画を詳細化することも大きなポイントです。

申請には締め切りが設けられているため、タイミングを逃さず準備を進めることが大切です。



自動車整備事業者が活用できる補助金は?


当社は自動車整備に特化した補助金申請サポートにて多数の実績がございます。

自動車業界は100年に一度の大変革期といわれるように、電気自動車の普及や自動運転技術の向上など大きな変化が訪れています。

それに伴って自動車整備においても新たな整備の必要性、制度の改革、技術の獲得が大変重要な時期になっています。政府としても次世代自動車の普及は今後の課題となっており、整備工場の設備投資を後押しする体制にもなっていますので、今後の新たな自動車整備需要に対応するために活用できる補助金も多く出ております。


こちらの記事では自動車整備事業者の方の補助金情報を発信しています。ぜひ参考にしてください!


補助金は、あなたのビジネスやプロジェクトにとって大きな支援となる可能性があります。

適切な補助金を見つけ、申請プロセスを丁寧に進めることが成功の鍵です!


 

お問い合わせ


無料相談はこちらから


AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!








Comments


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page