top of page

自動車整備工場のための補助金ガイド

更新日:4月16日

【補助金相談無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


自動車整備工場 イメージ画像
 


はじめに

 

シンプル壁紙


自動車整備業界は、革新の波に乗り続けることで、未来へと突き進んでいます。電気自動車(EV)の普及、自動運転技術の進化、そして顧客体験のデジタル化は、この業界に新たなチャンスと挑戦をもたらしています。

これらの変化に対応し、競争の一歩先を行くためには、最新技術への投資が欠かせません。しかし、技術革新への道は、しばしば高い費用が障壁となります。そこで注目されるのが、補助金の活用です。


補助金は、自動車整備工場が直面する経済的課題を軽減し、事業の革新と成長を加速させる強力なサポートとなります。最新の診断機器の導入や、省エネ・環境対応型設備への更新によって、作業効率の大幅な向上と顧客満足度の増加が実現可能です。


この記事では、自動車整備工場が利用できる補助金の種類と、それを活用することでどのような未来が開かれるのかを掘り下げていきます。自動車整備業界の新たな地平を開くキーとなる、補助金の活用法に焦点を当てて解説していきましょう。



自動車整備工場が活用できる補助金の種類

 



「ものづくり補助金」は、中小企業や小規模事業者が新たな機械装置を導入し、新たなサービスを実施することにより、生産性を向上、賃上げさせることを目的としています。この補助金は、自動車整備工場にとって、高額な設備の購入における支出負担を軽減する絶好の機会を提供します。


  • 補助金額: 補助金の金額は、投資額に応じて最大1,250万円までとなっており、補助率は中小企業で1/2、小規模事業者では2/3です。

  • 対象経費: 対象となる経費には、機械装置費、運送費、外注費、専門家経費、クラウドサービス利用費、技術導入費などが含まれます。

  • 成功事例: 例えば、ある自動車整備工場が750万円を投資してアライメントリフトとタイヤチェンジャーを導入し、500万円の補助金を受け取った事例があります。これにより、設備投資の費用負担を大幅に軽減し、作業効率の向上を実現しました。



事業再構築補助金で申請できる事例についてはこちらの記事で紹介しています

ものづくり補助金過去の結果一覧

補助金の過去結果一覧




「事業再構築補助金」は、新事業やサービスの拡張に必要な設備投資を支援するための補助金です。これにより、自動車整備工場は既存のビジネスモデルを見直し、新たなサービスや顧客層に対応するための設備導入が可能になります。


2024年4月現在、事業再構築補助金は第12回公募が決定しています。第12回公募以降は予定されておらず、今後は制度廃止の方向に向かいます。事業再構築補助金の予算は一部中小企業省力化投資補助金へ移行することが決まっています。


  • 補助金額: 最大1億円までの投資に対し、補助率は2/3、特定の条件下では3/4に達することもあります。補助額は最大1億円ですが、自動車整備工業は概ね最大3,000万円となっています。

  • 対象経費: 対象となる経費には、建物費(工場の改修など)、機械装置費、宣伝広告費、外注費、クラウドサービス利用費、研修費などが含まれます。これにより、ものづくり補助金と比べてより幅広い経費がカバーされます。

  • 成功事例: 一例として、ある自動車整備工場が新事業としてエーミングサービスを展開するために、3,000万円を投じて工場増築とエーミング用設備の導入を行い、2,000万円の補助金を獲得しました。これにより、新しい市場への進出と収益性の向上が実現しました。


事業再構築補助金で申請できる事例についてはこちらの記事で紹介しています


事業再構築補助金過去の結果一覧

補助金の過去結果一覧




2023年度補正予算の一環として、日本政府は中小企業の生産性向上を後押しするための新たな施策を公表しました。この施策は「省力化投資補助金(中小企業省力化投資補助事業)」と名付けられ、中小企業の省力化と生産性の向上を目的としています。


  • 補助金額:従業員数によって異なり、5名以下で200万円、20名以下で500万円、21名以上で1,000万円となります。さらに賃上げを行うと補助金額が引き上がります。補助率は1/2以下となっています。