事業承継・引継ぎ補助金 申請代行サービス



設備投資費用、人件費、改築工事費用、M&A支援業者に

支払う手数料、デューデリジェンスにかかる専門家費用等..

補助率2/3で補助上限600万円まで!


自動車整備補助金助成金振興社は、AMS認定財務コンサルティングパートナーと連携して、中小企業庁の大人気補助金「事業承継・引継ぎ補助金」の申請代行を行っております。


事業承継やM&Aを契機とした費用として


「新しい設備を導入したいけど、金額が高い」


「補助金興味あるけど、書類とかわからない」


「自分で補助金出したけど、落ちてしまった」


その悩みは、事業承継・引継ぎ補助金代行サービスで解決できます。




事業承継・引継ぎ補助金について



2022年3月31日(木)、中小企業庁より「事業承継・引継ぎ補助金」の公募要領が公開されました。


この補助金は、後継者がいないために事業継続が困難な中小企業を対象にして、経営者の交代、事業再編・事業統合を契機とした経営革新などを支援します。


3つの類型での申請受付の予定


【経営革新事業】


事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等(事業再構築、設備投資、販路開拓、経営統合作業(PMI)等)への挑戦に要する費用を補助します。


補助率:2/3

補助上限:600万円

補助対象経費:設備投資費用、人件費、店舗・事務所の改築工事費用、等

対象者:事業承継、M&A(経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機として、経営革新等に挑戦する中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)


【専門家活用事業】

M&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助します。


補助率:2/3

補助上限:600万円

補助対象経費:M&A支援業者に支払う手数料、デューデリジェンスにかかる専門家費用、セカンドオピニオン 等)

対象者:M&Aにより経営資源を他者から引継ぐ、あるいは他者に引継ぐ予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)


【廃業・再チャレンジ事業】

再チャレンジを目的として、既存事業を廃業するための費用を補助します。


補助率:2/3

補助上限:150万円

補助対象経費:廃業支援費、在庫廃棄費、解体費等

対象者:既存の事業を廃業し、新たな取り組みにチャレンジする予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)



導入できる設備




AMS認定財務コンサルティングパートナーの一例


100件近い採択実績があり、2020年は93%の圧倒的な採択率で業界トップの実績です。


当該AMSパートナーを利用した時の流れ

負担時間 : 50時間(本来) → 約5時間



当該AMS認定パートナーの強み

豊富な実績

・5年以上ものづくり専門

・一度の公募で全国100件以上の契約

再申請が無料

・万が一不採択でも、何度でも無料で再申請



申請の流れ

※万が一不採択でも、何度でも無料で再申請


料金プラン

詳細はお問い合わせください。

※金額は税抜き価格です。

※交付決定額の1%で2年目以降のサポートを致します。



業務内容

  1. 事業計画書の作成

  2. その他必要書類の作成

  3. 事業継続力強化計画の認定

  4. その他加点項目の達成支援

  5. 電子申請のデータ入力

  6. 採択後の交付申請・実績報告代行

  7. 交付後1年間のフォロー※2年目以降は別途交付額の1%

  8. 不採択でも次回着手金無料(採択されるまで)

  9. 補助金に関する情報のご提供やご相談

れば基本的にどんな設備でも可能です。




閲覧数:275回0件のコメント