top of page

【解説】小規模事業者持続化補助金とは?活用方法についても解説!

更新日:9 時間前

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


自動車整備 小規模事業者持続化補助金 イメージ

創業や事業拡大を考えている小規模事業者にとって、小規模事業者持続化補助金は非常に魅力的な支援策です。


この補助金は、自動車整備業界を含む小規模事業者が直面する制度変更や市場環境の変化に対応し、事業の発展を支えることを目的とした補助金となっています。


この記事では、小規模事業者持続化補助金について解説をしています。



小規模事業者持続化補助金に関する最新情報


更新:2024年4月22日 第16回小規模事業者持続化補助金についての記事を更新しました。


 




小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者および特定の条件を満たす特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」と称します)が、今後数年間にわたって直面する可能性のある様々な制度変更に対応するための支援を目的としています。

これには、働き方改革、被用者保険の適用範囲拡大、賃金の引き上げ、インボイス制度の導入などが含まれます。


この補助金は、小規模事業者等が自ら作成した持続可能な経営計画に基づき、新しい販路を開拓する取り組みを支援します。これには、新しい市場への参入戦略や新規顧客層の開拓、商品の改良や開発などが含まれます。


さらに、これらの販路開拓と同時に、業務効率の向上や生産性の向上にも取り組むことを奨励し、これらの活動に必要な経費の一部を補助することで、地域の雇用と産業を支え、小規模事業者等の生産性の向上と持続的な発展を目指します。



小規模事業者持続化補助金の採択率

 

小規模事業者持続化補助金の過去採択一覧

小規模事業者持続化補助金は第1回から第14回までで平均62.0%となっています。


申請を行う事業者の従業員の上限が低いなどのライバルが少ない点でも十分に採択を狙うことができる補助金といえるでしょう。



補助金の対象者と要件

 

この補助金の対象者は、従業員数5名人以下の小規模事業者です。

ただし、業種によって従業員数の定義は異なります。


小規模事業者持続化補助金 対象者


ほかにも、以下の条件をクリアする必要があります。

詳細は、公募要領を確認して該当するか確認が必要です。


  • 資本金または出資金が5億円以上の法人に100%株式保有されていないこと。

  • 直近3年間の平均課税所得が15億円を超えていないこと。

  • 以前に持続化補助金で採択された場合は、必要な報告書の提出を完了していること。

  • 「卒業枠」で採択された事業者でないこと。


申請の流れ

 

小規模事業者持続化補助金の申請から補助事業終了・精算払いまでの全体の流れは以下のとおりです。

小規模事業者持続化補助金 流れ

事業者が小規模事業者持続化補助金の申請をする場合、最初のステップとして「補助事業計画書」や「経営計画書」などの必要な書類を作成し、それらを提出します。これらの書類は、補助金事務局による審査の基礎となります。


審査を通過した事業者は、提出した計画書に基づいて、まずは自己資金を用いて補助事業を実施します。この事業が完了した後、実際にかかった費用を補助金事務局に報告し、補助金が口座に入金されるプロセスを経ます。


申請から補助金の受領までは、通常約1年間を要します。

重要な点として、補助金は事業完了後の後払い制であるため、事業実施に必要な資金は事業者が事前に準備しておく必要があります。この点には特に注意し、計画的に資金管理を行うことが求められます。



補助対象経費と活用事例

 

小規模事業者持続化補助金は、以下のような多様な用途に利用できます:

  • 設備投資(洗車機、溶接機など)

  • 建物改修費

  • システム購入費

  • 広告宣伝費 など

小規模事業者持続化補助金 補助対象経費



枠の種類と補助金額

 
小規模事業者持続化補助金 補助率 補助額

小規模事業者持続化補助金には、通常枠以外にも4つの枠があります。各枠は特定の要件を満たす必要があり、補助金額が50万円から200万円に引き上げられることがあります。


この補助金を活用することで、自動車整備業界の小規模事業者は、市場の変化に迅速に対応し、事業の持続的な成長を図ることができます。

特に創業や事業拡大の段階で、新しいチャレンジに必要な資金援助を受けることが可能です。


各枠の概要


  1. 通常枠 小規模事業者自らが作成した経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら行う販路開拓等の取組を支援。

  2. 賃金引上げ枠 販路開拓の取り組みに加え、事業場内最低賃金が地域別最低賃金より+50円以上である小規模事業者 ※赤字事業者は、補助率 3/4に引上げ

  3. 卒業枠 販路開拓の取り組みに加え、雇用を増やし小規模事業者の従業 員数を超えて事業規模を拡大する小規模事業者

  4. 創業枠 産業競争力強化法に基づく「特定