【千葉県】特別セッション|オートサロン2022(ゲスト ジェットストローク 代表 佐々木裕一氏)

更新日:1月16日



幕張メッセで開催されている東京オートサロン2022の会場から、新たな事業やサービス展開を行う際に利活用できることで話題の補助金「事業再構築補助金」についての特別セッションを開催。


配信場所:ジェットストローク(北館10ホール 1005)


名称:TOKYO AUTO SALON 2022(東京オートサロン2022)

会期:2022年1月14日(金)、15日(土)、16日(日)

会場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)

国際展示場 ホール1~10・イベントホール・屋外展示場

千葉県千葉市美浜区中瀬2-1



https://youtu.be/5dhWF8SuEYk


その他の動画はこちらから

https://go.pardot.com/l/914221/2022-01-16/f7jsr



ジェットストロークのオートサロン2022コンセプト


「URBAN OUTDOOR×JETSTROKE」


いわゆるランクルやデリカといった国産SUVやアメリカントラックのようなオフロードカーではなく、都心の街並みに溶け込むハイエンドな2ドアクーペ「AMG GT」だって、屋根にルーフテントを乗せてエアサスペンションさえ組み付ければ、週末のアウドドアを十分に楽しめちゃうぜ!!というドレスアップとアウトドアの両方を満喫する「遊べるクルマ屋」らしいアーバンアウトドアカーライフを提案します。


デモカーに装着したエアサスペンションは、当社が正規代理店を務めるドイツのエアサスブランド・NULL BAR。通常時は「低さで魅せる」フォルムを楽しみながらも、車高をボタン一つで上げさえすれば、週末のアウトドアだってなんその。更に純正のショックをそのまま使用するシステムを採用し、サスペンションの電子制御に支障をきたすこともありません。これによりMercedesが誇るフラッグシップスポーツカーAMG GTはキャンプギアへと早変わり。アウトドアをより身近な存在へと変えてくれます。

http://null-bar.jp/


足元にはI-FORCEのVM3をチョイス。古き良き3本スポークのデザインと現代の切削技術が都会とアウトドアの境界線を無くしてくれます。

http://www.iforce-japan.com/


フロント周りには「SPPF」(スプレーペイントプロテクションフィルム)を施工。アウトドアシーンを攻める際にどうしても気になる枝傷や飛び石などからボディをガッチリガードします。

https://sppf.rubberdip.jp/


更にアルミのワンオフ削りだしステーを使いルーフにドドンと積まれたテントは、NY発の新鋭ルーフトップテントメーカー・TEDS社のTEDPOP。昨年アメリカのクラウドファンディングで約1億円を集め話題になったその実力は、従来のルーフトップテントと一線を画します。

https://www.tedsoutdoor.com/


またAMG GTとは対照的に、古き良きアメリカをプンプンと感じさせるヴィンテージトレーラー「エアストリーム」もブース内に展示。これは我々ジェットストロークが20周年を記念して立ち上げた新規プロジェクトの一環で、アメリカ・ユタ州に拠点を設け、全米を旅しながらエアストリームをハントし、日本全国に届ける新たな挑戦が始まります。その第一号車として昨年末ギリギリに日本に到着したのが1966年式エアストリームCARAVEL 16ft。


それにカスタム&鈑金塗装のスペシャリスト達が鏡面ポリッシングを施し展示。これからは好きな場所に旅行に行きその近くに宿を借りるのではなく、好きな場所にお気に入りの部屋を持ち運びそこを今日の家にする。そんなアーバンアウトドアトレーラーライフを提案して参ります。


また今回もデモカー関連以外にも様々なスペシャリストとコラボを企画!

まず初めに紹介するのは毎年ブースに花を添えてくれるキャンペーンガールの二人、ちっちと麗子姐さんです!この日の為におやつもおせちも我慢してトレーニングを重ね、最高の笑顔とボディを披露してくれます。ぜひ二人に会いに来てね!

https://www.instagram.com/chicchi_2222/ ちっち

https://www.instagram.com/reiko515919/ 麗子


前回に引き続きコラボするのは女性ピンストライパーMiy-style(みゆき)。当日は看板やエアストリームへのデモンストレーションペイントを行います。繊細な筆さばきをご覧あれ!

https://www.instagram.com/miystyle.i/?hl=ja


デモカーの磨きはやっぱりこの人!GOK吉野氏!

AMG GTのフロント周りに施工されたSPPFの上から、更に独自に開発されたコーティング材を使用して深い艶を演出します。

https://www.instagram.com/gok_fiac/


さらに今回初コラボとなるアウトドアギア製作のスペシャリストをご紹介します。

まず一人目は59-BASEの田中氏です。田中氏は大阪府岸和田市の「だんじり」を中心に、山車や御神輿などの製作・修理を手掛け、その建築の技術を生かしながら、趣味のアウトドアで使用するアイテムや家具などを考案されています。特徴としては金具やベルトを使わずに、木だけで組み立てる事に拘った「大工がつくるアウトドアギア」です。今回の弊社ブースでも、自身の手がける大人気作品・オクタゴンテーブルを中心に木工の技を披露してくれています。

https://www.creema.jp/c/cheval/item/onsale


二人目は鍛鉄工房ZEST(タンテツコウボウゼスト)の蛎崎氏です。蛎崎氏は世界7名の鉄工芸家に選ばれた西田光男氏主宰の『鍛鉄工房PAGEONE 』に押し掛け弟子入りされ、ロートアイアン(鍛鉄)の門扉や手すりなど、インテリア・エクステリアのオーダー制作をメインに活動。またイベント向けに暮らしにまつわる身近なアウトドア鉄用品も制作し始め、使い易く丈夫で、美観を兼ね備えた鉄のものづくりを一つ一つ丁寧に行なう作家さんです。今回の弊社ブースでは、いわゆるテッチンホイールを再利用した焚火台やトライポッドなど、柔らかささえ感じる鉄のアートを表現して下います。

facebook instagram 【@tantetuzest】

https://tantetuzest.com/


三人目はX-CEED Factory株式会社の杉浦氏です。杉浦氏はアマダ優秀板金製品技能フェアにおいて溶接技術金賞を受賞されており、雑誌「GO OUT」でもアウトドアラバーが本気で推すキャンプギアとして自身の製作されるアイアンラックが紹介された経験を持つ作家さんです。それ以外にも、各種雑誌から掲載のオファー、新聞見出しへの掲載、テレビ出演依頼、InstagramやYoutubeでのギア紹介など、大活躍。今回の弊社ブースでは、人気のアイアンラックを展示して下さいます。

https://linktr.ee/x_ceed_factory


最後にジェットストローク20周年記念アパレルの販売もお見逃しなく!※会場ではTシャツのみ販売予定




□ ジェットストローク​ 佐々木 裕一 氏


受賞歴

東京オートサロン2011 最優秀賞獲得 (自社出展)

東京オートサロン2012 最優秀賞 車両製作担当

東京オートサロン2016 最優秀賞 車両製作担当

東京オートサロン2017 優秀賞 車両製作担当


関連サイト

ラバーディップ https://rubberdip.jp/

SPPF https://sppf.rubberdip.jp/

クルマド https://kurumado-group.com/

ジェットコンセプト https://www.jet-concept.jp/

エフェクター https://effecter.jp/

メッサー https://messer-wheels.jp/

R3 https://r3-wheels.jp/

ジェットプロモーション https://jet-promotion.net/

ジェットストア https://jetstore.jp/

東京モーターコレクション https://jetstroke.com/lp/tokyo-motor-collection/

めちゃすけ https://www.mechasuke.com/

三代目Jスチームポット https://jetstore.jp/jsp/index.html



過去のセミナー動画


特別対談(資料ダウンロード

プレイリストはこちら

https://youtube.com/playlist?list=PLPwQQBmQ_oSfOWtQZo641BV7_An-Y1jbd



他県での補助金・助成金セミナーはこちらから。

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示