top of page

【超大型補助金】最大50億円!大規模成長投資補助金の審査ポイント

更新日:4月5日

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!

成長投資補助金

今年度新設の大型補助金として注目されている最大50億円、補助率1/3で拠点開設などの建物費も出る、という非常に魅力的な中堅中小成長投資補助金(大規模成長投資補助金)についてご紹介します。


 

この補助金は、地域の雇用を支える中堅・中小企業が、足元の人手不足等の課題に対応し、成長していくことを目指して行う大規模投資を促進することで、地方における持続的な賃上げを実現することを目的としています。



大規模成長投資補助金の概要


大規模成長投資補助金 活用

大規模成長投資補助金 説明


スケジュールは以下のように公表されております。

大規模成長投資補助金 スケジュール


気になる審査基準と「成長投資計画書」とは?

全申請者の提出が必須となっている「成長投資計画書」は、決められたフォーマットが用意されており、パワーポイント形式になっています。


審査される主なポイントは以下のようになっています。

成長投資計画書の審査

フォーマットの資料には各スライドに審査ポイント(記載ガイド)が書かれており、書くべき内容が分かるようになっています。

35ページ以内で書く必要があること、またスライドのタイトルや順番は変更できないようになっており、指定された流れで計画を組み立てていくことが重要となっています。


また、「記載ガイドについて十分な言及がない場合は審査において十分に評価されない可能性があります」と明記されているため、記載ガイドに従ってしっかりと書いておく必要があります。


成長投資計画書 審査ポイント

スライド形式の成長投資計画書と別に、エクセル形式の別紙の資料があり、こちらも全申請者が提出必須の書類となっております。

この別紙は収支計画の明細などの数値を入力する資料となっていますが、成長投資計画書に記載する数値はこの別紙と整合させる必要もありますので、綿密な計画が重要です。

成長投資計画書別紙イメージ


成長投資計画書に記載する内容として、大きく分けて2項目あります。

①申請者の経営戦略について

②補助事業について

どのような内容を書くべきか、フォーマットの一部分を見てみましょう。

成長投資計画書 目次

①経営戦略の項目では、現状の外部・内部の分析が必要になります。根拠となる数字やデータも重要になり、これらは引用元も記載して根拠を明記させる必要があります。

成長投資計画書 分析

成長投資計画書 強みや弱み

分析した内容から、現在の事業と補助事業の位置づけを整理し事業戦略を記載していきます。

なぜ補助事業を実施するに至ったか、将来の会社のビジョンの実現に向けた取り組みになっているか等しっかりと分析して計画が練られているかが見られそうです。

成長投資計画書 事業戦略

②の補助事業の概要には、実際に実施する補助事業の具体的な内容を記載していきます。

成長投資計画書 補助事業の概要