top of page

【2024年スタート】券売機導入に使える補助金!人手不足やコスト削減に有効な設備の導入

更新日:4月19日

【補助金相談無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


券売機や自動発券機 イメージ

非接触サービスの需要が高まる中、券売機や自動発券機が注目されています。コロナ禍による衛生への意識の高さ、ICカード技術の普及、顕著な人手不足、そしてこれらを支援する政府の施策が相まって、券売機導入の絶好の機会が到来しています。


この記事では、券売機を導入する際に活用できる補助金制度や、最新の市場分析に基づく未来展望をご紹介します。

導入を検討中の事業者の方、さらなる市場拡大を目指すメーカーや販売店の方々にとって、この機会は見逃せないものになっています!

自動化技術を駆使して、効率化と収益増のチャンスを掴みましょう。




2024年、券売機導入のチャンス到来!


コロナ禍で高まる非接触ニーズICカード普及による利便性向上、そして政府による補助金制度の拡充。これらの追い風が重なり、今まさに券売機導入の絶好の機会が訪れています。


1. 非接触ニーズの高まり


2020年初頭から世界を席巻した新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活様式を大きく変えました。特に、人との接触を避ける「非接触化」への意識は、あらゆる場面で高まっています。

従来の窓口販売では、スタッフと対面でやり取りする必要があり、感染リスクが伴います。一方、券売機は、お客様自身で操作を完結できるため、感染リスクを大幅に低減することができます。

実際に、

  • ある調査によると、コロナ禍以降、券売機を利用する人の割合が約2倍に増加

  • 大手コンビニエンスストアチェーンでは、券売機の導入により、レジ待ち時間の30%削減に成功

など、非接触ニーズの高まりを受けて、券売機の導入が加速しています。




2. ICカード普及による利便性向上


近年、交通系ICカードやクレジットカード、デビットカードなどの普及により、キャッシュレス決済が主流となりつつあります。券売機は、これらのICカードに対応することで、さらに利便性を向上させることができます。


従来の現金払いでは、小銭を用意したり、釣り銭を受け取ったりする必要があり、手間がかかります。一方、ICカードを使えば、スムーズに支払いを済ませることができます。


さらに、ICカードには、


  • 購入履歴の確認

  • ポイントの付与

  • 会員限定サービスの提供

など、様々なメリットがあります。

これらのメリットにより、お客様の利便性を大幅に向上させることができ、顧客満足度の向上にもつながります。



3. 政府による補助金制度の拡充


政府は、上記の通り、中小企業のデジタル化推進と人手不足の解消を目的として、券売機が対象となる補助金制度を拡充しています。2024年はさらに一つ新たな補助金が制定されました。


これら補助金の活用により、販売価格(購入価格)の50%分を補助される制度もあり、メーカー側は販売促進、購入者はコスト軽減が大きく期待されています。


主な補助金制度は以下の通りです。

特に「中小企業省力化投資補助金」は2024年4月から新たに始まる補助金制度でメーカー側が事前にカテゴリーに登録を行うことで券売機を購入したい事業者が応募する流れとなり、販売促進に大きく貢献することが期待できます。



中小企業省力化投資補助金の概要


中小企業の人手不足を解消する汎用製品を購入する際に活用できる補助金です。予算規模は5,000億円と大型の補助金として国政からも期待されています。さらに採択率も他の補助金と比較して高くなることが想定されているため、メーカーとしては早期にカテゴリーを登録することで大きなアドバンテージが期待できます。


中小企業省力化投資補助金の概要

「中小企業省力化投資補助金」の補助額と補助率は以下の表のとおりです。

従業員数

補助率

補助上限額 (事業者が大幅な賃上げを行う場合)

5人以下

1/2以下

200万円 (300万円)

6~20人以下

500万円以下 (750万円)



21人以上

1,000万円以下 (1,500万円)


中小企業省力化投資補助金の想定事例


券売機における想定事例やその効果については中小企業省力化投資補助金の事務局公式ページに資料が公開されています。以下はその内容になります。※イメージ画像は当社の画像に置き換えています。



中小企業省力化投資補助金の想定事例

中小企業省力化投資補助金の想定事例

中小企業省力化投資補助金のホームページ、資料名:製品カテゴリ



確実な収益アップを実現!市場分析に基づく未来展望


市場概況


券売機市場は、飲食業、公共交通、映画館、スポーツイベント、エンターテイメント施設など、多岐にわたる産業で利用されています。この市場は、利便性の向上、運用コストの削減、ユーザー体験の向上に寄与する技術の進化によって、近年大きな成長を遂げています。COVID-19パンデミックは、非接触取引の需要を高め、券売機市場の成長を一層促進しました。消費者の行動が変化し、より安全で迅速なサービスを求める中、券売機はその需要に応える重要な役割を果たしています。

市場の成長は地域によって異なり、アジア太平洋地域が特に高い成長率を示しています。これは、中国、日本、韓国などの国々での公共交通の利用増加や、技術への投資増加によるものです。一方、北米とヨーロッパでは、既存のインフラの更新とデジタル化が市場成長の主な要因となっています。

よって日本における券売機市場は、今後ますます拡大していくと予想されます。



市場規模の拡大と成長率の予測


日本のみならず、今後数年間で、チケット自動発券機(TVM)の市場は着実に成長する見込みです。

2022年の市場規模は約5億3890万ドルで、2031年までには約7億6035万ドルに達すると予測されており、予測期間中の複合年間成長率(CAGR)は3.9%です​ (Business Research Insights)​。この成長は、効率と利便性を高めるスマート技術とデジタル決済方法の採用が進んでいることによるものです​ (Business Research Insights)​。



券売機導入による具体的なメリット

自動券売機

券売機導入による具体的なメリットは以下の通りです。


  1. 効率性の向上と列の短縮: 自動チケット機は、特に空港やバス、鉄道駅などの繁忙な交通機関でチケット購入にかかる時間を大幅に短縮します。また飲食店などでも人員コスト削減につなげることができます。

  2. 運用コストの削減: チケット販売を自動化することで、労働コストを削減できます。これらの機械は休憩やシフトなしで連続して動作するため、チケット販売業務に必要なスタッフ数をらすことができます​。

  3. 顧客体験の向上: 複数の支払い方法(現金、カード、NFCなどのデジタル決済)を利用してチケットを購入できるため、利便性が高まります。

  4. 運用の信頼性: 最新のTVMは、RFIDやNFC、リモートモニタリング機能を備えており、運用障害の可能性を低減させるだけでなく、迅速なトラブルシューティングと保守を可能にします。

  5. 非接触取引の要求に応える: COVID-19以降の世界では、非接触・キャッシュレス取引への需要が高まっています。TVMはこの要求を満たし、健康と安全の基準に適応することで、健康意識の高い消費者に訴求します。


ほかにも、多言語対応による外国人観光客への対応、データ分析によるマーケティング戦略の強化も可能になります。これらのメリットにより、収益アップや顧客満足度向上などの効果が期待できます。



まとめ


2024年、券売機導入のチャンス到来!


非接触ニーズの高まり、ICカード普及による利便性向上、政府による補助金制度の拡充など、券売機導入を後押しする追い風が重なっています。


券売機導入は、人件費の削減、業務効率の向上、売上機会の拡大、顧客満足度の向上など、様々なメリットをもたらします。


ぜひ、この機会に券売機導入を検討してみてはいかがでしょうか。

導入に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。


省力化投資補助金についてはこちらの記事で開設しております。


 

➢お問い合わせ

無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!







Comments


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page