top of page

【早い者勝ち!】普及が進むスチームコンベクションオーブン導入・販売に活用できる補助金

【補助金相談無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


スチームコンベクションオーブン

2024年は、キッチンの未来を変えるスチームコンベクションオーブンがますます注目される時代になると言えます。この先進的なオーブンは、単なる流行ではなく、その有効性と機能性により、幅広い業界での導入が加速しています。特に、宿泊業、飲食サービス業、小売業において、スチームコンベクションオーブンの採用が拡大する大きなチャンスとなる年です。


この記事では、2024年になぜスチームコンベクションオーブンが広く普及するのか、その理由と機会を詳しく解説します。メーカーや販売店、そしてこれから導入を考えている事業者様にとって、有益な補助金情報も含め、このテクノロジーがどのように業務を効率化し、顧客満足を向上させるかをご紹介します。スチームコンベクションオーブンの購入を検討されている皆様にとって、必読の内容をお届けいたします。




スチームコンベクションオーブンとは?


スチームコンベクションオーブンは、現代のキッチンで非常に人気が高まっている調理器具です。このオーブンは、従来のコンベクション(熱風循環)方式に加えて、蒸気を使用して食材を加熱する機能が組み込まれています。この組み合わせにより、食品を外はカリッと中はジューシーに仕上げることができ、味と栄養を最大限に引き出すことが可能です。


主な特長とメリット

  1. 多様な調理方法: スチームコンベクションオーブンは、焼く、蒸す、煮るなど、様々な調理方法が一台で行えます。これにより、キッチンのスペースを節約し、調理器具の数を減らすことができます。

  2. 調理の質の向上: 蒸気を使用することで、食材が均等に加熱され、乾燥を防ぎながら調理することができます。これにより、食材の風味、色、栄養が保持され、より健康的な料理を提供することが可能です。

  3. 省エネルギーと効率化: 熱風と蒸気の組み合わせにより、従来のオーブンよりも高速で均一に調理が行えるため、エネルギー消費を抑え、調理時間を短縮することができます。

  4. 使い勝手の良さ: 最新のスチームコンベクションオーブンには、自動プログラムやタッチパネル操作が備わっており、調理プロセスを簡単かつ直感的に管理できます。


用途

スチームコンベクションオーブンは、家庭用から商業用まで幅広い用途で使用されています。家庭では、日常の料理からパーティー料理まで、一台で多岐にわたる料理をこなすことができます。また、レストランやカフェでは、効率的で品質の高い調理が求められるため、このオーブンが非常に重宝されています。

スチームコンベクションオーブンの導入は、キッチンの機能を大幅に拡張し、より高品質な食事の提供を可能にするため、多くのプロと家庭料理人に選ばれています。


スチームコンベクション 補助金

製品種類


小型
  • 価格帯: 30万円~100万円

  • 主な用途: 少量調理、惣菜店、ベーカリー、個人事業主

  • 代表的な製品: サンヨー SCP-300、マルゼン MBCO-2M

中型
  • 価格帯: 100万円~300万円

  • 主な用途: レストラン、カフェ、居酒屋、ホテル、病院

  • 代表的な製品: ホシザキ MIC-5TB3-L、Rational SCC 61E

大型
  • 価格帯: 300万円~1,000万円以上

  • 主な用途: ホテル、宴会場、結婚式場、工場、大規模厨房

  • 代表的な製品: Unox XF 1093 E、MKN SpaceCombi Plus XS




スチームコンベクションオーブンの市場規模予測


スチームコンベクションオーブンは、食品を調理する際に蒸気を使用することで、その多機能性と高い調理品質から、従来の電子レンジやグリル、コンロといった調理器具に取って代わる可能性を持つ製品として注目されています。この製品はまだ比較的新しい市場であるため、日本国内においては具体的な市場調査の数値は限られていますが、その革新的な技術と製品特性から、市場の拡大に対する大きな期待が寄せられています。


世界市場に目を向けると、スチームコンベクションオーブンの市場は急成長を遂げており、年々拡大していることが確認されています。この成長は、消費者の健康志向の高まりや、食品の品質や栄養を保ちながら効率的に調理する需要が増加していることによるものです。また、エネルギー効率の良さや操作の簡便さも、市場拡大に寄与している重要な要因です。


日本では、労働人口の減少による人手不足や、飲食業界における効率化の必要性が増していることから、スチームコンベクションオーブンのような多機能かつ省エネルギーの調理器具への関心が高まっています。このため、国内市場でも今後数年間での需要増加が予想され、導入事例が増えることでさらなる市場の拡大が見込まれます。

結果として、スチームコンベクションオーブンは、国内外を問わず、今後も市場拡大の大きな潜在力を持つ製品であると言えます。この技術がどのように進化し、さまざまな業種でどのように活用されるかが、今後の市場のカギを握るでしょう。



スチームコンベクションオーブンの市場規模予測


なぜ日本の人手不足問題に有効?

スチームコンベクションオーブンが企業の省力化や日本の人手不足問題に対して有効な理由は、その高い効率性と多機能性にあります。以下は、スチームコンベクションオーブンが企業にとって特に価値ある理由を詳しく説明します。


1. 効率的な調理プロセス

スチームコンベクションオーブンは熱風と蒸気の力を組み合わせて使用するため、調理時間が短縮されます。これにより、同じ時間内により多くの食事を調理することが可能となり、特に忙しい飲食業界においては、スタッフの労働負担を減らすと同時に、顧客の待ち時間を短縮することができます。


2. 高品質な調理結果

スチーム機能により、食材の栄養を保ちながら、均等に加熱することができます。これにより、品質の高い料理を一貫して提供できるため、顧客満足度が向上します。これは顧客のリピート率の向上にもつながり、経営面での利益増加に寄与します。


3. 多機能性と柔軟性

一台で焼く、蒸す、煮るなど多岐にわたる調理が可能であり、限られたキッチンスペース内で複数の調理器具を置き換えることができます。これにより、キッチンの効率を最大化し、小規模ながら多様なメニューを提供することが可能になります。


4. 簡単な操作性と省力化

最新のスチームコンベクションオーブンは、プリセットプログラムやタッチスクリーン操作が可能で、調理プロセスを簡単に設定できます。これにより、調理技術が未熟なスタッフでも簡単に高品質な料理を作ることが可能となり、教育やトレーニングにかかるコストと時間を削減できます。


5. エネルギー効率の向上

エネルギー効率が良いため、運用コストの削済みにも貢献します。特に、複数の機器を使う代わりに一台で多機能をこなすことができるため、消費電力を減らすことができます。

これらの特長により、スチームコンベクションオーブンは、人手不足が深刻な日本の状況下で、飲食店や宿泊施設などの業界における省力化と効率向上の有力な解決策となっています。



2024年、スチームコンベクションオーブン販売拡大の転換期到来


2024年に入りスチームコンベクションオーブンを対象経費に含める補助金が新たに制定されました。



中小企業省力化投資補助金の概要


中小企業省力化投資補助金

中小企業省力化投資補助金(中小企業省力化投資補助事業)という名称のこの補助金は人手不足に悩む事業者を対象に制定されています。


スチームコンベクションオーブンにおいては宿泊業、飲食サービス業、小売業と広い範囲の事業者を対象に購入費用と導入経費(設置作業、運搬費、動作確認費用、マスタ設定等の導入設定費用など)が補助対象経費として認められています。補助額と補助率は以下の表のとおりで、販売単価をそのままで購入費用を約50%補助される内容となっています。よって販売する側にとっては大きなビジネスチャンスとなります。




補助金活用のメリット


  • 導入費用の負担軽減

  • 最新機種の導入促進

  • 導入後のランニングコスト削減

  • 競争力強化


従業員数

補助率

補助上限額 (事業者が大幅な賃上げを行う場合)

5人以下

1/2以下

200万円 (300万円)

6~20人以下

500万円以下 (750万円)



21人以上

1,000万円以下 (1,500万円)


中小企業省力化投資補助金の想定事例


スチームコンベクションオーブンにおける想定事例やその効果については中小企業省力化投資補助金の事務局公式ページに資料が公開されています。以下はその内容になります。

※イメージ画像は当社の画像に置き換えています。



想定事例

想定事例

資料名:製品カテゴリ



中小企業省力化投資補助金を活用する方法


販売店(メーカー含む)が中小企業省力化投資補助金を活用するにはこの補助金のルールを理解した上で正しい手順で活用を進めていきます。以下にその概要と詳細の記載と関連記事情報を添付します。


IT導入補助金をご存じの販売店であれば、IT導入補助金の流れを類似しているとお考えください。



中小企業省力化投資補助金の流れ


中小企業省力化投資補助金の流れは以下の通りです。


STEP1 製品審査申請を行う(製造事業者登録申請・省力化製品登録申請)

販売店は指定された工業会に対して製品審査申請を行う。

(必要書類など詳細情報は下記関連記事2をご参考ください。)

指定された工業会 

一般社団法人日本厨房工業会

工業会mail

工業会電話番号

03-5244ー4834


STEP2 省力化製品及び製造事業者として承認される

申請された書類は工業会→補助金事務局→有識者委員会→中小企業庁という順に承認がされていきます。その後、工業会から証明書が発行されて正式に製造事業者としての登録申請が可能になります。


STEP3 省力化製品のカタログ登録を行う(カタログ登録申請)

製造事業者として登録が完了した後は、補助金事務局が用意するカタログに製品を登録する。

(登録情報など詳細情報は下記関連記事2をご参考ください。)


STEP4 製品がホームページで公開される

カタログ登録された製品が正式に公開される。


STEP5 購入希望の事業者と共同で補助金を申請する

カタログを見た購入希望の事業者が販売店に問い合わせを行い、事業者と販売店が共同で補助金を申請する。



登録スキーム

中小企業省力化投資補助金事務局公式ホームページ



補助金の活用支援


以上から補助金の活用はスチームコンベクションオーブン分野において大きな販売機会だと言えます。


補助金全般の特性として初めに申請された事業者が有利という特性があります。補助金事務局側も新しい補助金の基準となる事例を見つけたい、補助金の予算が豊富という要素があるからです。


今回、新たに制定された中小企業省力化投資補助金はスチームコンベクションオーブンがピンポイントに対象経費に含まれています。中小企業省力化投資補助金では今後、スチームコンベクションオーブンのような製品カテゴリーが300登録され、各カテゴリーごとに100種類の製品が登録される見込みとなっています。その製品カテゴリーの中でも自動精算機においては初めの9カテゴリーに選定されていることを踏まえると日本経済にとって重要な製品である国からも認められているということです。



イメージ画像 補助金相談

当社では販売店様の支援を開始しています。


類似スキームのIT導入補助金においても各販売店様の書類作成の実績を数百件あり、事業再構築補助金、ものづくり補助金といった難易度が高い補助金を年間170件以上支援している実績もあります。


そのため、補助金を活用したい事業者様、販売店様の双方のアプローチが可能です。


さらに中小企業省力化投資補助金においては関連グループ企業を通じて当社でも製品登録を進めているところです。


この記事をご参照された販売店様で中小企業省力化投資補助金を活用してスチームコンベクションオーブンの市場拡大を狙いたいというご要望がございましたら当社までお声掛けください。



 

➢お問い合わせ


無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!





記事監修元


Comments


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page