top of page

事業再構築補助金に関連する記事等について

更新日:2月9日


事業再構築補助金に関しては、今後の再開される旨が発表されていますが、どのような見直しが入るかまだ不確定な部分もあります。


しかし、2024年1月には週刊誌や新聞に多くの記事が掲載されており、その状況や動きについて様々な情報が出て生きていますので、ここで紹介したいと思います。


 

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!



新聞記事


(毎日新聞 2024/1/12)

<記事要約>

この記事は、事業再構築補助金がウィズコロナ時代に適応する企業にとって非常に価値があることを紹介しています。

特に、飲食業からアウトドア施設「グランピング」へ転換に成功した事業主の事例を取り上げ、補助金が新たな挑戦への強力な支援となっている点を強調しています。

さらに、補助金の運営に関する問題点や、申請プロセスの遅延や審査の不統一性による申請者の不満にも言及し、これに対応するためのサポート役の重要性を指摘しています。




<記事要約>

この記事では、事業再構築補助金に関する政治家の関与について指摘しています。

特定の申請が「議員関連の案件」とみなされ、政治的影響力に基づいて優遇される可能性があるという懸念が示されています。

しかし、事務局を務めるパソナと所管する中小企業庁は、審査過程で特別な配慮を加えることはないと強調しているとのことです。



(毎日新聞 2024/1/12)

<記事要約>

この記事では、事業再構築補助金事務局が直面している混乱と課題の状況について記載されています。昨秋の行政レビューへの対応についても取り上げられており、事業再構築補助金に限らず、政府の重要な補助金プログラムの管理における複雑さといった問題点についても言及しています。



週刊誌記事


(FRIDAY デジタル 1/2(火))

<記事要約>

この記事では、基金全般の問題点に触れるとともに、特に事業再構築補助金の不適切な実態の可能性について報じています。

事業再構築補助金では過去にフルーツサンド店、サウナ、シミュレーションゴルフなど特定の業種への応募が殺到し、通りやすい申請内容での応募が横行している可能性があるという実態を取り上げています。また、基金の創設と管理における政治的影響にも言及し、合理的な予算編成と既存の基金の再評価の必要性についても触れています。




事業再構築補助金の公式ホームページでは、事業再構築補助金の第12回公募について2023/12/8に「秋のレビューの指摘を踏まえて見直しを行った上で公募を再開する予定」との内容が公開されています。

最新情報については、発表があり次第、更新させていただきます。

また、同じく事業再構築補助金のサイトでは、2024/1/9に「補助事業実施」のページが公開されており、主に採択となった事業者様に向けて補助事業実施の流れについての情報が提供されています。

採択後の円滑な事業実施についての流れが把握できると思いますので、ぜひご確認ください。



AMS自動車整備補助金助成金振興社では補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!




Comentarios


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page