top of page

事業再構築補助金の活用方法:自動車整備業界の事例

更新日:4月5日

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


イメージ写真

はじめに:自動車整備業での補助金活用


「自動車整備業界で事業再構築補助金をどのように活用すれば良いか」という疑問は、多くの業界関係者に共通するものです。本記事では、自動車整備業界での事業再構築補助金の活用方法を解説し、具体的な事例を紹介します。



自動車整備業が受け取れる事業再構築補助金


自動車整備業が事業再構築補助金を受け取るための条件は以下のとおりです。


  1. 資本金10億円未満:大企業は対象外であり、主に中小企業が対象です。

  2. 認定経営革新等支援機関の確認を受けた事業計画:補助金を活用する事業は、新商品や新サービスの提供、または新たな方法での提供が求められます。

  3. 付加価値額の向上:以前の売上高減少要件に代わり、補助事業終了後3~5年での付加価値額の年率平均3~5%の増加が必要です。


自動車整備業界での補助金活用事例

自動車整備業界における事業再構築補助金の活用事例は、次のような形で実現可能です。

  • 新サービスの開発:例えば、環境に優しい電気自動車(EV)の整備サービスや、デジタル技術を活用した顧客管理システムの導入など。

  • 事業モデルの転換:従来の整備サービスに加え、車両のカスタマイズや改造を行う新事業への進出。

  • 技術革新の導入:最新の診断機器や修理設備の導入によるサービスの質の向上。

これらの事例は、事業の発展と市場競争力の強化に直結します。


まとめ

自動車整備業界では、事業再構築補助金を活用することで、新たなサービスの提供や事業モデルの転換、技術革新の導入などを実現することが可能です。これらは、業界の成長に寄与し、経営の持続可能性を高める重要な要素となります。事業再構築補助金の活用は、自動車整備業界に新たな機会をもたらすことでしょう。


 

➢お問い合わせ

無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!







Comments