top of page

【採択のコツ】補助金申請の重要なポイントとは?

更新日:3月13日


イメージ写真

事業再構築補助金やものづくり補助金では、事業計画書の内容が非常に重要になってきます。

補助金によって審査されるポイントや、加点条件なども設けられていますので、公募要領をよく確認して作成することが重要です。


事業計画書チェック項目

1. 審査項目を満たしていますか?

2. 加点項目を満たしていますか?

3. 事業計画は実現性、納得性があるものですか?

4. 数値計画に妥当性はありますか?

5. 誤字・誤植・伝わらない専門用語はありませんか?

6. 数値根拠・統計情報の根拠・出典情報が記載されていますか?

7. SWOT分析・全体戦略(ドメイン)・プロモーション戦略(4P)を掲載していますか?


これらのチェック項目を踏まえて事業計画書を作成することはもちろんですが、何より、事業様の思いや熱意、事業に対する考えなども盛り込むことが大きなカギとなります。

たくさんの応募がある中、近年ではAIによるコピペの疑いのある部分のチェックなども行われるなど、ただただ情報を入れ込むだけでは採択とはなりません。

審査員にも事業者がどのような思いで事業実施に至ったかという点があるかないかによって、伝わり方が変わってきます。


補助金申請の際は、事業者様が主体となって動くことも採択や補助決定に大きく関わってきますので、ぜひ不明点はAMS自動車整備補助金助成金振興社までご相談ください。


コメント