top of page

必見!事業をサポートするための補助金とは?


自動車整備士 イメージ画像

自動車整備工場の事業運営には多くの挑戦が伴います。新しい設備の導入だけでなく、事業の継続や発展のためにも、様々な補助金が活用できます。ここでは、特に事業運営をサポートする補助金を紹介します。



事業承継・引き継ぎ補助金

 

事業承継・引き継ぎ補助金は、事業の世代交代やM&A後の経営革新を支援するために設計された補助金です。この補助金は、事業承継のプロセスをスムーズにし、新しい経営者が効果的に事業を引き継げるようにすることを目的としています。

対象となるのは、資本金5,000万円以下、従業員100人以下の自動車整備事業者です。補助金は以下のような経費に活用できます:

  • 人件費

  • 設備費やその他の事業費

  • 廃業が必要な場合の廃業費

  • M&Aにおける専門家への委託費

事業承継・引き継ぎ補助金は「経営革新」「専門家活用」「廃業・再チャレンジ」の3つのカテゴリに分けられており、それぞれ補助金の上限額が異なります。これにより、事業者は経営革新に向けた施策の実施や、専門家の知見を活用し、効率的な事業承継を実現できます。




事業再構築補助金

 

事業再構築補助金は、新たな事業分野への展開、業態転換、事業転換、事業再編など、大胆な事業の再構築を検討している中小企業を支援するための補助金です。この補助金は、特に変化の激しい市場環境の中で、事業の柔軟な変革を図る企業にとって大きな助けとなります。


自動車整備事業者のための補助金活用


自動車整備事業者は、この補助金を活用して、以下のような事業展開や設備投資を行うことができます:

  • 洗車機や溶接機などの新しい設備導入

  • 建物の改修費用

  • ITシステムの購入費

  • 広告宣伝費用

補助率は中小企業の場合、最大3分の4に設定されており、企業規模や補助金の利用目的によって補助額が異なります。


補助金受給のための要件


補助金を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります:

  • 事業再構築指針に沿った新分野展開・新市場進出を行うこと。

  • 認定経営革新等支援機関と協力して、事業計画を策定すること。

  • 2020年4月以降の任意の6カ月間で、連続する3カ月の売上合計が、コロナ以前の同期間と比較して10%以上減少していること。


「グリーン成長枠」の利用


特に「グリーン成長枠」は、環境に配慮した事業再構築を目指す中小企業に向けられています。この枠では、売り上げの減少要件がないため、売り上げが減少していない自動車整備事業者でも利用が可能です。持続可能な事業展開や環境への貢献を目指す事業者にとって、大きなチャンスと言えるでしょう。


事業再構築補助金は、自動車整備業界の事業者が市場の変化に対応し、新たなビジネスモデルを構築するための重要な支援策です。事業の未来を見据え、積極的な再構築に取り組むことで、新たな成長と発展が期待されます。




その他の補助金

 

事業をサポートするための補助金は他にもありますが、この記事では特に事業承継・引き継ぎ補助金に焦点を当てました。自動車整備事業者が直面する課題に応じて、適切な補助金を選択し、事業の発展に役立てることが重要です。



AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!