top of page

【補助金認定】ガソリンスタンドのセルフ化とタブレット型給油許可システムの導入について

【補助金相談無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


ガソリンスタンド 補助金

1. はじめに


現代のガソリンスタンド(GS)は、洗車や整備など多様なサービスを提供する場となっています。

特にセルフサービスのガソリンスタンドは、顧客が自身で給油や支払いを行う利便性から、多くの人々に利用されています。

しかし、過疎地や人手不足の影響で経営が難しいケースも増えてきました。そこで登場したのが、タブレット型給油許可システムです。このシステムの導入により、経営の効率化が図られ、補助金を活用して導入負担を軽減することができます。


今回はタブレット型給油許可システムが2024年注目されている大型補助金「中小企業省力化投資補助金」のカテゴリーに登録されたので、今後の需要拡大見込して記事を記載していきます。

ガソリンスタンドの事業者様も販売店様もご確認いただける内容となっています。



2. ガソリンスタンドのセルフ化の現状


セルフ化の背景

セルフサービスのガソリンスタンドの普及は、主に人手不足と経営効率化の観点から進められてきました。セルフスタンドでは、従業員の数を減らしながらも、顧客が必要なサービスを自分で完結できるため、運営コストの削減が期待できます。

こうした背景から、セルフスタンドの導入は今後ますます増えていくと考えられています。


セルフスタンドの仕組み


セルフ式ガソリンスタンドでは、以下のプロセスを顧客自身が行います:


  1. 到着と登録:顧客がガソリンスタンドに到着し、車を指定された場所に停めます。多くのセルフスタンドでは、車のナンバープレートを自動認識するシステムが導入されています。

  2. 給油機の選択:顧客は給油機に進み、タッチパネルやタブレットを使用して燃料の種類と給油量を選択します。

  3. 給油許可:従来は店舗内のスタッフが給油許可を行っていましたが、新たなシステムではタブレットを使用して許可を出せるようになります。これにより、スタッフが事務所内に常駐する必要がなくなり、他の業務と並行して給油許可を行うことが可能になります。

  4. 給油:顧客はノズルを取り、車の給油口に挿入して給油を行います。この間、給油機のディスプレイに給油量と金額がリアルタイムで表示されます。

  5. 支払い:給油が完了したら、顧客は給油機のタッチパネルで支払いを行います。支払い方法は多様で、クレジットカードや電子マネーなどが利用可能です。

  6. 出発:支払いが完了すると、顧客は車を移動させ、必要に応じて他のサービス(洗車、タイヤの空気圧チェックなど)を利用できます。


これらのプロセスにより、セルフサービスのガソリンスタンドは高い効率性と顧客の利便性を実現しています。



3. タブレット型給油許可システムの導入



導入の目的と背景


タブレット型給油許可システムの導入は、特に人手不足が深刻な地域や過疎地のガソリンスタンドにとって、非常に重要です。従来のシステムでは、スタッフが店舗内に常駐し、給油許可を手動で行う必要がありました。このため、スタッフは他の業務を行うことが難しく、効率の悪さが問題となっていました。

タブレット型給油許可システムは、この問題を解決するために開発されました。このシステムにより、スタッフは店舗内にいなくても、敷地内のどこからでも給油許可を出すことができます。

これにより、スタッフは他の業務と並行して給油許可を行うことが可能となり、業務の効率化が大幅に進みます。


導入のメリット


タブレット型給油許可システムの導入には、多くのメリットがあります:


  • 効率の向上:スタッフが店舗内に常駐する必要がなくなるため、他の業務と並行して給油許可を行うことができます。

  • コスト削減:人手不足を補うための人件費の削減が期待できます。

  • 顧客満足度の向上:迅速なサービス提供が可能となり、顧客の待ち時間が短縮されます。

  • 経営の多角化:敷地内で特産品の販売や宅配ボックスの設置など、多様なサービスを提供することが可能となります。


また、タブレット型給油許可システムは中小企業省力化投資補助金の対象カテゴリーに追加されており、カタログに掲載されることで、補助金に支援が導入のハードルを下げることに繋がると想定できます。


これにより、初期投資の負担を軽減し、導入が促進されることが期待されています。

導入費用に悩む事業者様もそれにアプローチする販売店様もどちらも得をする内容になっているので是非この情報は追っていただきたいです。



4. 中小企業省力化投資補助金について


補助金の概要


中小企業省力化投資補助金は、人手不足に悩む中小企業が効果的な省力化技術や自動化技術を導入するために設けられた制度です。

この補助金を活用することで、企業の付加価値や生産性の向上を図り、経営の効率化を支援します。特に、タブレット型給油許可システムの導入により、ガソリンスタンドの運営が効率化され、人手不足の問題が解決されることが期待されています。


省力化補助金 タブレット型給油許可システム
省力化補助金 タブレット型給油許可システム

(中小企業省力化投資補助金製品カタログより)

product_catalog.pdf (smrj.go.jp) 中小企業省力化投資補助金事務局ホームページより


補助金の対象となる経費


補助金は、以下の経費を対象としています:


  • 給油機の導入費用:セルフサービス対応の給油機の購入費用。機種や機能により異なりますが、1台あたり数百万円から数千万円の範囲です。

  • 支払いシステムの導入費用:クレジットカードや電子マネーなど、多様な支払い方法に対応するシステムの導入費用。ハードウェア(タッチパネルやカードリーダー)とソフトウェア(決済システム)が含まれます。

  • 監視システムの設置費用:セルフサービスの安全性と不正防止のために必要な監視カメラやセンサーの設置費用。

  • 給油許可システムの導入費用:タブレット型給油許可システムの導入費用。これにより、事務所内に限らず、敷地内で給油許可を行うことができます。

  • 建設・改装費用:既存のガソリンスタンドをセルフサービスに改装するための工事費用。給油機の設置や支払いシステムの配線、店舗内装の変更などが含まれます。




補助金の補助上限額と補助率


補助金の補助上限額と補助率は以下の表の通りです:

従業員数

補助率

補助上限額

(通常)

補助上限額

(大幅な賃上げを行う場合)

5人以下

1/2

200万円

300万円

6~20人以下

1/2

500万円

750万円

21人以上

1/2

1,000万円

1,500万円



補助金の申請方法

補助金申請方法

補助金の申請方法は以下の通りです


  1. 公募要領の確認:補助金の詳細については、まず公募要領を確認します。公募要領には、対象経費や申請条件、提出書類などが詳しく記載されています。

  2. 必要書類の準備:申請に必要な書類を準備します。具体的には、事業計画書や経費見積書、導入予定のシステムのカタログなどが必要です。

  3. 申請書の提出:必要書類を揃えたら、所定の窓口に申請書を提出します。提出方法は郵送やオンライン提出などが一般的です。

  4. 審査と採択:提出された申請書は審査を受け、採択されると補助金が交付されます。


補助金の活用により、タブレット型給油許可システムの導入が容易になり、中小企業の経営効率が大幅に向上することが期待されます。

より詳細な内容は以下の記事をご確認ください。


☑ あわせて読みたい



5. タブレット型給油許可システムの実装手順


システム選定と導入準備


タブレット型給油許可システムを導入するには、まず適切なシステムを選ぶことが大切です。以下のポイントに注意して選定を行いましょう:


  • 信頼性:信頼性の高いメーカーや実績のあるシステムを選ぶことが重要です。

  • 操作の簡便さ:従業員が使いやすく、トレーニングが容易なシステムを選ぶことが大切です。

  • サポート体制:導入後のサポートが充実しているかどうかを確認します。


システムを選定したら、導入準備を進めます。具体的には以下の手順があります:


  1. システムの購入:選定したシステムを購入します。補助金を活用する場合は、補助金申請が承認された後に購入手続きを進めると良いでしょう。

  2. 設置場所の確認:タブレットを設置する場所や給油機との接続方法を確認します。

  3. ネットワーク環境の整備:タブレット型システムはインターネット接続が必要な場合が多いので、ネットワーク環境を整えます。

取り扱いのある企業として以下をピックアップさせていただきましので、製品情報は参考URLよりご確認ください。


SSCモバイル|株式会社タツノ (tatsuno-corporation.com) 業界初のタブレット端末給油許可装置「SSCモバイル」を発売

給油許可システムの設定


システムの導入が完了したら、次に行うのは設定作業です。以下の手順で設定を進めます:


  1. 初期設定:タブレットの初期設定を行います。言語設定やネットワーク設定を行い、システムを起動します。

  2. システムのカスタマイズ:ガソリンスタンドの運営に合わせて、システムのカスタマイズを行います。例えば、給油許可のフローや監視カメラの設定などを調整します。

  3. セキュリティ設定:不正利用を防ぐためのセキュリティ設定を行います。ユーザー認証やアクセス権限の設定が含まれます。




従業員への教育とトレーニング


新しいシステムを導入する際には、従業員への教育とトレーニングが不可欠です。以下の方法で従業員をサポートします:


  1. 操作マニュアルの配布:システムの操作方法を記載したマニュアルを作成し、従業員に配布します。

  2. トレーニングセッション:実際にタブレットを使ったトレーニングセッションを実施します。従業員がシステムに慣れるまで、複数回のセッションを行うことが望ましいです。

  3. サポート体制の確立:導入初期は特にサポートが重要です。質問やトラブルに迅速に対応できるよう、サポート体制を整えます。


以上のステップを経て、タブレット型給油許可システムの導入が完了します。

これにより、ガソリンスタンドの業務が効率化され、従業員の負担が軽減されます。



6. 事例紹介:タブレット型給油許可システム導入の成功例


タブレット型給油許可システムの導入により、多くのガソリンスタンドが効率化とコスト削減を実現しています。以下に、具体的な成功事例を紹介します。


導入事例1:過疎地のガソリンスタンド


背景

ある過疎地のガソリンスタンドでは、従業員の確保が難しく、長時間の営業が困難でした。特に、夜間の営業では安全性の確保が課題となっていました。


導入内容

このガソリンスタンドはタブレット型給油許可システムを導入し、従業員がリモートで給油許可を出せるようにしました。これにより、従業員は他の業務を行いながら、給油許可を並行して行うことができました。また、夜間は監視カメラと連動したシステムで安全性を確保しました。


結果

タブレット型システムの導入により、夜間の営業が可能になり、売上が20%増加しました。従業員の負担も軽減され、業務効率が大幅に向上しました。


導入事例2:都市部の大規模ガソリンスタンド


背景

都市部に位置する大規模なガソリンスタンドでは、給油許可のために専任スタッフを配置する必要がありました。これにより、他の業務に支障が出ることが多く、効率の悪さが問題となっていました。


導入内容

このガソリンスタンドはタブレット型給油許可システムを導入し、店舗内外問わず給油許可を出せるようにしました。スタッフはタブレットを持ち歩き、他の業務を行いながら給油許可を出すことができるようになりました。


結果

専任スタッフを配置する必要がなくなり、人件費が削減されました。業務の効率化により、スタッフは他のサービス(車検や洗車など)に集中でき、顧客満足度も向上しました。

これらの事例は、タブレット型給油許可システムがどのようにガソリンスタンドの運営を改善し、効率化とコスト削減を実現するかを示しています。


7. まとめ


ガソリンスタンドのセルフ化とタブレット型給油許可システムの今後の展望


ガソリンスタンドのセルフ化は、経営効率の向上とコスト削減を実現する重要な施策です。特に、タブレット型給油許可システムの導入により、従業員の負担軽減とサービスの迅速化が可能となります。過疎地や都市部のガソリンスタンドの両方で効果が実証されており、今後さらに普及が進むことが期待されます。


タブレット型給油許可システムは、中小企業省力化投資補助金の対象カテゴリーに追加されたことで、導入コストの負担が軽減され、より多くのスタンドがこのシステムを採用することが可能となります。補助金を活用することで、最新の省力化技術を導入し、競争力を高めることができるはずです。



資料ダウンロードはこちら


PR情報

当社ではメーカー、販売店とタッグを組み、補助金制度活用の支援を中小企業等に向けて行っております。今回紹介した新たな補助金「中小企業省力化投資補助金」はメーカー販売店が事前に製品を登録するための審査を通す必要があり、通った後は購入希望者と共同で補助金の申請を行う必要があります。当社はこの双方で支援を行っています。現在、自動チェックイン機以外のカテゴリーで自動倉庫、自動精算機等の分野の支援も開始しています。



お問い合わせ

 

無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!




監修元


Comments


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page