top of page

自動車整備業によるものづくり補助金採択事例をご紹介!

更新日:4月4日

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


イメージ画像

最先端技術の導入による整備工場の高品質化

先進的な技術や設備の導入

自動車整備業界は、次世代自動車に対応した整備工場への転換や、先端的な設備導入による生産性向上が重要です。例えば、EVや水素自動車などの整備に必要な設備の導入が挙げられます。これにより、ターゲット層の拡大や、サービスの質の向上が図られます。

代表的な採択事例

  • 自動車整備用リフトの導入による点検の高度化。

  • 次世代自動車対応の整備工場への転換。

デジタル技術の活用

効率化とイノベーションの推進

デジタル技術の活用は、自動車整備業界におけるイノベーションの鍵です。効率化や顧客サービスの向上に大きく寄与します。採択率が高い傾向にあるため、デジタル技術を活用した事業計画の策定は非常に重要です。

代表的な採択事例

  • 自動車整備業界の受発注をDXで一変させるチャットシステムの開発。

  • 自動車整備業務のリモート型顧客対応システムによるデジタル化。

総合カーサポート

複数のサービス提供による事業拡大

自動車整備業界では、単に車の修理に留まらず、様々なサービスを提供することで事業の多角化を図ることが可能です。例えば、トラックの架装や塗装工程の内製化など、総合的なカーサポートサービスを提供することにより、事業の拡大を図れます。

代表的な採択事例

  • 普通自動車からトラックまで対応したワンストップサービス。

  • 自動車整備業から架装・塗装工程を内製化し、総合整備業への変革。

まとめ:自動車整備業界の新たな可能性

自動車整備業界におけるものづくり補助金の活用事例は、技術の革新やサービスの多様化を示しています。これらの事例から、自動車整備業界が直面する多くの課題に対応し、新たな可能性を切り開く道が見えてきます。ものづくり補助金を活用し、自動車整備業界の成長を加速させましょう。


 

➢お問い合わせ


無料相談はこちらから


AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!






Comments


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page