top of page

補助金申請で高い確率で採択されるためには?

更新日:4月5日


【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


イメージ画像

補助金を獲得するための戦略は、多くの企業や個人事業主にとって重要な課題です。

特に、ものづくり補助金のような高額の支援を受けるためには、効率的かつ戦略的なアプローチが必要です。

申請支援コンサルティングの活用

最も確実な方法は、補助金申請を専門とするコンサルティングにサポートを依頼することも有効的です。まず最初の応募時には細かな事業計画書だけでなく、様々な必要書類が発生します。応募の準備の時点で手が回らず、申請さえ難しいという事業者様も多いでしょう。

その際は、コンサルティングの支援を借りて申請することも検討してみてください。

  1. 専門知識: 補助金コンサルティングは補助金の申請プロセスや採択基準に精通しており、成功率を高めるためのノウハウを持っています。特に事業計画書などは審査されるポイントや必要事項をしっかりと把握して構成しなければ評価されないため、プロのアドバイスが重要になります。

  2. 時間節約: 自力で申請する場合、申請書の作成や資料集めに多大な時間がかかります。書類の作成や収集のほか、電子申請でも手間がかかるケースが多いです。しかし、コンサルティングに依頼することで、書類の整理や書類作成の具体的なアドバイスを受けることができ、1から準備する手間を省くことができます。

  3. 成功報酬: 多くのコンサルティングは成功報酬型の料金体系を採用しており、補助金が採択されなければ着手金以外の費用が発生しないケースもあります。

自力で申請する場合

自力で申請する場合も不可能ではありませんが、以下の点に注意が必要です。

  1. 時間投資: 補助金申請には少なくとも50時間以上の労力が必要です。申請プロセスの理解から書類作成まで、多大な時間と労力が必要になります。

  2. 情報収集: 成功事例の研究や公募要領の詳細な分析が不可欠です。要件や審査項目を満たさない応募は、不採択となってしまう可能性も高くなります。補助金の情報を把握し適切な申請になっているか相談できる場所が必要になります。

  3. 精度の高い書類作成: 申請書は、事業計画の妥当性、革新性、社会への貢献度など、複数の面から評価されます。これらを的確に伝える能力が求められます。

まとめ~サポートを活用した補助金申請~

ものづくり補助金のような大規模な支援を受けるには、専門的な知識と経験が必要です。

時間やコストを考慮すると、多くの場合、専門のコンサルティングに依頼することが最も効率的かつ確実な方法と言えます。自力で挑戦する場合も、十分な準備と綿密な計画があれば成功の可能性はありますが、補助金は応募だけでなく採択となったあとも、交付申請というさらに細かな審査が実施されます。

最初の応募時に計画書に不備がある場合、採択後の交付申請での審査もさらに難しくなり、補助額の減額やさらに辞退せざるを得ない状況になってしまうケースも少なくありません。

これらのリスクを減らしスムーズな補助金受給のためにも、ぜひ専門家の活用も検討してください。


 

➢お問い合わせ


無料相談はこちらから


AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!





Opmerkingen