top of page

補助金の申請方法:ものづくり補助金の申請プロセス解説

更新日:4月5日


【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!



イメージ画像

自動車整備工場やその他の中小企業が成長を目指す際に大きな助けとなるのが「ものづくり補助金」です。しかし、その申請プロセスは複雑で、成功には正確な理解と丁寧な準備が必要です。ここでは、補助金申請の基本的な流れと重要なポイントを紹介します。

申請までのステップ

  1. アカウントの取得: まずは、補助金申請のためののGビIDアカウントを取得します。補助金の申請は現在、多くが電子申請となっております。 申請に必要なGビズアカウントは申請に必須となっていますが、取得には2~3週間程度を要します。申請前ギリギリに取得すると申請に間に合わなくなってしまうため、必ず早めに取得をしておきましょう。 GビズID | Home (gbiz-id.go.jp)

  2. 各種資料の収集: 決算書や設備の見積書など、申請に必要な各種資料を集めます。これらの資料は、申請書とともに提出する重要な書類です。決算書類は法人か、個人事業主か等によって用意する書類が異なります。不備があると、書類不備で採択になってしまう可能性も0ではありませんので、必ず確認をしましょう。

  3. 事業計画書の準備: 事業計画書は、決まったフォーマットをベースにした記載が必要です。フォーマットはものづくり補助金のHPに公開されています。各項目で必要な内容、審査ポイントがありますので、それを意識して構成しましょう。合計10ページほどの資料になります。

  4. 加点項目の確認: ものづくり補助金では、パートナーシップ構築宣言をしている事業者が加点されるなど、特定の項目に該当する事業者は加点措置があります。少しでも採択率を上げるために、当てはまる項目がないか確認しましょう。

  5. 電子申請システムへの入力: 全ての書類を整えたら、ものづくり補助金の電子申請システムに情報を入力し、申請を完了させます。必要情報の入力と、用意した書類のデータ添付の作業になりますが、入力作業にも時間がかかりますので、申請システムが公開されたら入力できるところは少しずつ進めておくのがおすすめです。

採択後のステップ

  1. 交付申請書の作成: 補助金が採択されたら、交付申請書を作成します。これは、補助金を正式に受け取るための手続きです。具体的に見積書や申請書を提出し、この内容が正式に認められれば交付決定となります。

  2. 設備の導入: 交付決定となったら、事業実施期間となり、実際に設備の発注購入を進めていきます。各公募回によって事業実施期間の期限は異なりますので、必ず期限内に全て完了し報告までできるように進めましょう。

  3. 実績報告書の作成: 設備の設置や支払いなど全て完了させたら、実績報告書を提出します。支払に関する証憑書類や設置後の写真などが必要になります。交付決定内容と実績報告書で相違がないか確認されますので、交付決定になった事業の通り進めていく必要があります。

  4. 補助金の確定: 実績報告の内容が認められると、補助金の額の確定通知が届きます。この通知が届いたら、電子申請にて請求を行い、補助金が振り込まれます。

事業計画書の重要性

事業計画書は、補助金申請の中で最も重要な部分です。これには明確な「正解」は存在せず、公募要領の採択基準を参考にしながら独自の事業計画を効果的に伝える必要があります。また、ここで申請した内容は、採択後の交付申請や実績報告でも整合性が確認される重要な書類となります。

計画の内容や記載内容はしっかりチェックをして申請することが重要です。

まとめ

ものづくり補助金の申請は、事業の将来に大きな影響を与える可能性があります。このプロセスを慎重に進め、成功に導くことが重要です。専門家のアドバイスを求めたり、過去の成功事例を参考にしたりすることで、申請書の質を高めることを意識しましょう。




 

➢お問い合わせ


無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!








Kommentare