top of page

【最新】IT導入補助金2024 どんなツールが対象?ご相談はAMSへ

更新日:2023年12月30日


中小企業庁が令和5年12月22日に更新した、「IT導入補助金2024」のパンフレットについて解説します。

ITツールの導入を検討されている事業者様、補助金申請の活用を検討されている事業者様はぜひお気軽にご相談・お問い合わせください。


 

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!



IT導入補助金とは

T導入補助金は、中小企業や小規模事業者がITツールやシステムを導入する際のコストを支援するための補助金です。この補助金は、企業の業務効率化、生産性向上、または売上拡大につながるITツールの導入に対して、その費用の一部を補助することで、企業のデジタル化を推進しています。政府の2023年度補正予算案に、ものづくり補助金も含む中小企業生産性革命推進事業として2000億円が盛り込まれました。

IT導入補助金の対象企業には、「補助事業者全体の労働生産性が、事業終了後3年で、9%以上向上すること」という成果目標があります。


2023との変更点

中小企業庁が公表したパンフレットは下記の通りで、すでに公表されている補正予算資料から大幅な変更はないようですが、2023年度に実施されていた「デジタル化基盤導入枠」が「インボイス枠」となっている点に注目です。


補助金制度のパンフレット


注目のインボイス枠について


◆インボイス枠 インボイス対応類型

・10月1日に開始されたインボイス制度への対応に特化した支援枠で、会計・受発注・決済ソフトに加え、PC・タブレット・レジ・券売機等のハードウェア導入費用も支援します。

・小規模事業者は最大4/5補助し、補助下限は無く安価なITツール導入も支援します。


◆インボイス枠 電子取引類型

取引関係における発注者(大企業を含む)が費用を負担してインボイス対応済の 受発注ソフトを導入し、受注者である中小企業・小規模事業者等が無償で利用できるケースを支援します。


この部分から、インボイス枠がこれまでのデジタル化基盤導入類型と異なる点は以下の2つです。


これまでのデジタル化基盤導入類型と異なる点

  • 事業者の規模により、補助率が変わります(小規模事業者は優遇)

  • 「ECサイト」の文言が削除。ECサイトは対象外?

2023年10月から開始されたインボイス制度を踏まえ、インボイス対応ツールについて優遇するような内容になっています。


AMS自動車整備補助金助成金振興社では申請できるかどうかの確認のご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!