top of page

キャリアアップ助成金(令和5年度 雇用関連の助成金)

更新日:2023年12月30日


トップの画像

キャリアアップ助成金とは


キャリアアップ助成金は、非正規雇用労働者の正社員化や処遇改善を目的として、有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者などのキャリアアップを促進するための支援を事業主に提供する制度です。


正社員化支援コースでは有期雇用労働者を正社員に転換し、その賃金を正社員化前と比較して3%以上増額することで助成を受けることができます。

 

[どんな企業が申請できる?]

申請条件は公式パンフレットを確認する必要があります。条件には以下のようなものがあります。

  • 雇用保険適用事業所の事業主であること

  • 正社員化を行う予定の事業主、特に有期雇用労働者等を正社員に転換する意向がある企業​​

  • 有期雇用労働者の基本給を3%以上増額改定し、その規定を適用する企業​​

  • 対象の労働者に対する賃金支払いの状況を明確にする書類を整備している企業


[申請時の注意点]

具体的な申請方法や助成額の詳細は、都道府県労働局や最寄りのハローワークで確認でき、支給申請は取り組み後6か月の賃金を支払った日の翌日から起算して2か月以内に行う必要があります。


・正社員化支援コースでは、正社員化するとき有期雇用時から給与を3%アップさせる必要があります。

・契約社員時の就業規則と正社員時の就業規則を用意する必要があります。

・給与計算を法律で定められたとおりに行う必要があります。


[申請の流れ]

申請には、「キャリアアップ計画」の提出が必要で、それぞれのコースに応じた条件を満たしている必要があります。計画の提出から就業規則の改定、取り組み後の賃金支払いまでの手続きを正確に行う必要があります。



キャリアアップ助成金は、社員のスキルアップを手助けし、会社の成長に役立つ助成金です。

この助成金を通じて、事業主は質の高い雇用環境を構築し、従業員は自らの能力を最大限に発揮する機会を得ることができます。