top of page

スキャンツールの導入に使える補助金!OBD車検に向けた対応は進んでいますか?

更新日:5月29日


自動車整備

自動車整備業界で対応が迫られる2024年から始まるOBD車検。

必要な設備投資の準備は整っていますか?

新しい時代に対応するためのスキャンツールやエーミングツールの導入は、今や避けては通れない道です。この記事では、スキャンツールやエーミングツールの重要性と、それに使える補助金についてご紹介します。



 

OBD車検本格スタート!日本におけるその背景とは?


OBD車検とは、車両の車載故障診断システム(OBD)を利用して車両の状態を診断する新しい形式の車検です。

OBDシステムは、車両のエンジン、排出ガス、その他の主要なシステムを監視し、異常が検出されると診断コードを生成します。これにより、車両の問題を早期に特定し、修理することが可能となります。


このOBDの検査がスタートした背景として、近年増加するEV(電気自動車)やASV(先進安全自動車)等の次世代自動車の普及はみなさんご存じの通りかと思います。


次世代自動車は、従来の車両よりもはるかに高度な電子制御システムを搭載しています。これには、モーター制御、バッテリーマネジメントシステム、ADASなどが含まれます。これらのシステムは、車両の性能と安全性を維持するために継続的なモニタリングと診断が必要です。


これらの車両の情報を正確に把握するには、高度な診断ツールが求められます。スキャンツールは、車両の電子制御システムに直接アクセスし、エラーデータを診断します。EVのバッテリー状態やASVのセンサー異常などを迅速に特定し、安全な走行のために整備するには必要不可欠な作業です。


スキャンツールとは

スキャンツールは、自動車の電子制御システムにアクセスし、診断コードの読み取りや消去、リアルタイムデータのモニタリングを行うためのツールです。

これにより、車両の故障箇所を迅速かつ正確に特定し、効率的な修理を可能にします。

特に、OBD(On-Board Diagnostics)車検が義務化されることで、スキャンツールの重要性はますます高まっています。


エーミングツールとは

エーミングツールは、先進運転支援システム(ADAS)のセンサーやカメラの調整を行うためのツールです。

自動運転技術が進化する中で、車両の安全性と性能を確保するためには、正確なエーミングが不可欠です。これにより、システムが正確に機能し、ドライバーや乗員の安全を守ることができます。



自動車整備への影響


自動車整備業界への影響


自動車技術の高度化、OBD車検の導入により、自動車整備業界には新たな技術対応が求められます。従来の車検や整備では対応しきれない高度な診断が必要となり、これに対応するためには最新のスキャンツールやエーミングツールの導入が不可欠です。これにより、車両の診断精度が向上し、顧客に対するサービスの質も高まります。


設備投資の必要性

OBD車検の導入に伴い、自動車整備工場は新しい診断機器を導入する必要があります。特にスキャンツールやエーミングツールは必須となり、これに対応するための設備投資が求められます。


技術者のスキル向上

OBDシステムの診断には高度な知識と技術が必要となるため、整備士のスキル向上も重要です。最新の技術に対応できるよう、継続的な教育と訓練が必要となります。


補助金制度の活用

設備投資や技術者の育成にかかる費用を軽減するために、各種補助金制度が活用できます。例えば、小規模事業者持続化補助金やスキャンツール補助金などがあり、これらを利用して最新の技術導入を促進することが可能です。



使える補助金の紹介


小規模事業者持続化補助金

この補助金は、小規模事業者が経営の安定化や成長を目指して行う設備投資や販路開拓を支援するためのものです。スキャンツールやエーミングツールの導入費用も対象となり、事業の持続的な発展を支援します。

詳しくは小規模事業者持続化補助金についての記事をご覧ください。


スキャンツール補助金

特にスキャンツールの導入に焦点を当てた補助金制度です。新しいOBD車検に対応するためのスキャンツールの購入費用の一部を補助することで、事業者の負担を軽減します。これにより、最新の技術を導入しやすくなり、競争力を高めることができます。

2024年度の公募は予定されていますが、詳しいスケジュールは未定です。



まとめ


次世代自動車の普及とOBD車検の導入は、自動車業界の大きな転換点を示しています。

高度な電子制御システムを搭載した次世代自動車は、OBD車検によってその性能と安全性を維持し、環境規制にも対応できるようになります。これにより、自動車整備業界は最新の技術に対応するための設備投資と技術習得が求められますが、その結果として顧客に対するサービスの質が向上し、業界全体の競争力も高まるでしょう。


スキャンツールの導入には、補助金の活用も可能です!

導入を検討している事業者様は、ぜひ当グループまでお問い合わせください。



 


➢お問い合わせ



無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!




Comments


動画サムネ
アイコン

メカドルユキの画像
bottom of page