top of page

自動車整備事業者のものづくり補助金の活用について

更新日:4月5日

【補助金相談無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!


自動車補助金 画像

”ものづくり”と聞くと、製造業が対象の補助金に聞こえるかもしれませんが、ものづくり補助金は自動車整備事業者の方でも申請できる補助金です。


例えば水性塗装サービスを開始する、エーミング機器を導入し次世代自動車対応に進出するという内容でも採択事例がございます。

新たな設備の導入を検討されている事業者様も、補助金の活用をぜひ検討してみてください。



ものづくり補助金の実態



ものづくり補助金の正式名称は、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」です。この名前にもあるように、「サービス」業も含まれています。これには自動車整備業が含まれるため、整備工場でも補助金を活用することができます。



自動車整備業における補助金利用



自動車整備工場はサービス業の一環であり、ものづくり補助金を利用して事業の生産性やサービス品質を向上させることが可能です。しかし、「どんな設備が補助金の対象になるのか」という疑問が残る方も多いのではないでしょうか。



対象となる設備の例


自動車整備工場で利用できる設備としては、例えば以下のようなものがあります:

  • 最新の診断機器

  • 故障箇所の特定に役立つ高度な設備

  • 作業効率を高めるための整備機器

  • 環境に配慮した整備設備

これらの設備導入により、整備工場はより効率的で高品質なサービスを提供することが可能になります。


・実際の採択事例をまとめた記事はこちらです。




まとめ


結論として、自動車整備工場はものづくり補助金を有効に利用できます。この補助金を活用することで、整備工場はサービスの質を向上させ、競争力を高めることが可能です。重要なのは、事業計画や補助金の要件を十分に理解し、適切な設備投資に補助金を活用することです。


 

➢お問い合わせ


無料相談はこちらから

AMS自動車整備補助金助成金振興社では

補助金申請できるかどうかのご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!






Comentários