top of page

中小企業・小規模事業者・地域経済関係予算案等のポイント

更新日:2月18日


中小企業庁が、令和5年度補正予算及び令和6年度当初予算案の双方の中小企業・小規模事業者等向け施策をまとめた「中小企業・小規模事業者・地域経済関係予算案等のポイント」という資料を公開しています。


 

【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、ページ下「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!




予算案

通常、年度初めの予算では、中小企業向けの直接的な補助金が限られており、令和6年度の初期予算案においても、中小企業や小規模事業者向けの魅力的な補助金が限られているようです。


しかし、中小企業や小規模事業者向けの支援策全体の概要を把握するために、この文書を一読いただくことをお勧めします。


中小企業や小規模事業者が利用できる補助金の中で、この資料で特に注目すべき点は以下のとおりです。


中小企業省力化投資補助制度

○中小企業省力化投資補助制度【1,000億円】
(既存基金の活用等含め総額は5,000億円規模。事業再構築補助事業を再編)

「省力化投資枠(カタログ型)」の補助金に関するものです。

 この補助金には、令和5年度の追加予算で1,000億円が割り当てられており、さらに事業再構築基金を用いることにより、合計で5,000億円の規模に拡大する見込みです。


 この情報は以前の総合経済計画の文書に記載されていましたが、その後のこの助成事業に関する文書では、この点については触れられていませんでした。

 事業再構築基金の改訂が議論される中、この問題の行方に注目が集まっていましたが、最近になって再び言及されるようになりました。


 予算の規模が大きいため、「カタログから選ぶ」方式の汎用製品導入に対して迅速かつ効果的な支援が期待されており、特に人手不足に悩む企業にとって、詳細な発表が待たれる状況です。


○事業再構築補助金【既存基金の内数】

秋の行政レビューにおいて、事業再構築補助金の見直しが提案されました。

この評価では、コロナウイルス対策に関連する部分を廃止または根本的に改革するべきだとの結論が出され、今後のこのプログラムの方向性が大きな関心事となっています。


 他の記事で触れたように、事業再構築補助金の公式サイトには、「第12回以降の公募は、受けたフィードバックを考慮した上での改訂後に再開される」と明記されています。


また、この資料では、「これまでの事業や業種の転換を支援する取り組みは、実行面での適切な改修を前提として、引き続き行われる」との方針が示されています。



AMS自動車整備補助金助成金振興社では申請できるかどうかの確認のご相談から受け付けております。


設備投資を検討されている事業者様はぜひお問い合わせください!


こちらでも詳しく解説しています。



【補助金のご相談、無料で対応しています】


お問い合わせは、下記「フォーム」か「右下のチャット」から


LINE 問い合わせ」も対応しています!